奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

2019年からの見始めたサポーターの日記です

今季ホーム初勝利と観戦11試合目で初勝利と(2019vsヴィアティン三重(H))(002)

 

f:id:eo64air:20201004115744j:plain

勝ちに行くことが大事

1点リードの後半給水タイム

監督の「攻めるぞ」「前から行くぞ」の檄(スタンドまで聞こえた)

 

前線からプレスをかけるFW陣。

0−1で前かかりに攻めるヴィアティンに対しての「攻める姿勢」

見てて面白い。 

 

前節、テゲバジャーロ戦もそうでした。

5連戦の最後、アウェーで1−1に追いついたあとも

2点目を取りに行って、勝ち切った。これは格好いい。

ふつうはドロー狙いだ。

 

あそこで2点目を取りに行って、仮にカウンターで失点して負けても

選手は責めちゃいけない。サッカーは勝ちに行かないと勝てません。

たまたまで勝てるスポーツではない。

 

奈良クラブは去年は14位。今年もまんなかより下の順位だ。

昇格を目指してるなら、リスク覚悟で勝ちに行く。

 スタンドで見てても気持ちが良い戦いっぷりです。

f:id:eo64air:20201005120111p:plain

勝ち点でいうと8位相当。

「昇格争い」の圏内に入ってきました。

 

今週末の代替試合(中止分の振り替え)が終われば

各チームの試合数がそろい、見やすくなります。

 

昇格の勝ち点計算をするには少し早いので

そういうのは残り4節くらいになったら。

観戦11試合目で初勝利

応援2シーズン目、11試合目で初勝利(通算1勝6敗4分)。

 

「Jリーグへの昇格を目指す」と聞いてたのに

ここまで勝てないとは思ってなかったです。

あまり楽しくないことも続きましたので、

サポーターの友達がいなければ100%辞めてたと思います。

 

去年からホームゲームで全然勝ててないので、

僕に限らず、負け試合ばかり観てる人が多いでしょう。

ホームで勝たないと、奈良は盛り上がりませんよ。

(JFLの公式記録)

http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/pdf/2020A001/2020A0012318.pdf

 

ヴィアティンさんのサイトが充実してます。

林監督の考え・分析は記者会見で説明されてますし、

それがサポーターに伝われば、監督への無用な誤解は解けると思います。

 

記者会見のライブ配信、やってほしいなあ。