奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

2019年からの見始めたサポーターの日記です

アウェー(ラインメール青森戦)を中継で見れる時代(003)

今年は、ネットで中継が見れます。

今までは、アウェーのラインメール青森戦は青森に行かないと見れませんでした。

昨年までと全然違います。

 

「Jリーグに昇格したら、全試合中継するらしい」

 

ぼんやりと考えていたことが突然実現しました。

 

サポーター友達とZOOM観戦会をやると盛り上がるとか、 

毎週どちらかがサッカーの日だとけっこう忙しいとか、

前節アウェーの質問をして監督に怒られたり(前回の舞輝レビュー)とか。

 

全然「JFLっぽくない」ですが、これも2020年のJFLの姿。楽しんでます。

中継品質はイマイチ 

YoutubeのJFLチャンネルはクラブ関係者が撮影してるのか、

中継の質がいまいちです。よく見切れるし、音声は遅れるし

霧が出てピッチが見えなくなるし(これはJビレッジが悪い)

 

J3に昇格して、プロ(DAZN)の中継が見たいな、

早く昇格して欲しいなと思います。

JFLのサポーターはJFLの試合を見る

知り合いの奈良クラブサポーターは、JFLの試合をよく見てます。

 

あれ、自宅でもJFL中継なの?Jリーグやプレミアリーグじゃなくて?と思いましたが、

プロ野球ファンが他チームのプロ野球中継を見て、

大リーグや高校野球はスルーするのと同じ状況なんでしょう。

 

スポーツ中継は、どこかで線引きしないと、無限に時間を吸い取られるし。

”JFL得点王”シュウが帰ってきた 

奈良クラブより一足先にJ3に昇格し、3シーズンプレー。

昨年は19試合で5得点。

上でも通用してるし、純粋に起用法の問題でしょう。

 

シーズン終盤のレンタル移籍ですし、来年以降も奈良クラブに残るかも。

何にせよ、プレーが見れる日が楽しみです。

同日(10/12)、同じ沼津から青森へ進藤選手がレンタル移籍。

10/18の対戦相手が補強するのは困るのですが、

もしかしたら元沼津Jリーガーの直接対決が見れるかもしれません。

(画像をクリックすると、詳細情報が出てきます)

 

10/14に延期分の試合が行われました。

試合数がそろったので、勝ち点の比較がやりやすくなりました。

(FC大阪、松江シティFCの試合数が多いのは何でだろう?)

 

順位要件が2つあってややこしいのですが、

「J3ライセンス保有クラブの上位2チーム」だけを見てます。

 

テゲバジャーロ宮崎とFC大阪が勝点14。

奈良クラブは9位ですが、勝ち点11。残り7試合です。

射程圏内ですが、上の2チームも強いので「昇格を狙える」という状態です。

 

次は13位、ラインメール青森戦。頑張りましょう。