奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

2019年からの見始めたサポーターの日記です

”林舞輝体制”最終戦は”向こうの山”から観戦しました(vsMIOびわこ滋賀 第30節)(011)

今日はタダ見だ!

f:id:eo64air:20201129131623j:plain

今週は消化試合(本来なら残留争いしてる順位…)なので、

スタンドを抜け出して、近くの探検です。

 

「向こうの山から見てる人は何なんだろう」

 

みんなが気になってるだろうことを確かめに行きました。 

「向こうの山」への行き方

f:id:eo64air:20201129134633j:plain

スタジアム外周から、山に向かって遊歩道が伸びてます。

メインスタンドの入口から7〜8分、バックスタンド入口から3分くらい。

これだけ簡単に来れるなら、人が集まるわけだ。

 

ベンチは2箇所(8人分?)、競争率が高いのでレジャーシート必須です。

お弁当かおやつも必須。 

試合は見れるの?

スタンド最上段とおなじような感覚で試合が見れます。

思った以上に見やすいです。

 

林監督の指示がよく聞こえてました。

こっち(バックスタンド方向)に向いて叫んでますし。

応援の制限がある時期は、ピッチ上の指示も楽しめそうです。

 

なお、死角が多い(センターポール周辺の建造物、あと枯れ木も)ので

試合を楽しむなら、チケットを買って入場してください。

あくまで「雰囲気なら味わえる」というレベルです。

 

最終戦の様子は

f:id:eo64air:20201130163929j:plain

ここからは試合の感想を。

まずは菅野哲也の先制ゴール。山登りの前に決めました。

今年、化けました。林監督の残したレガシーだ。

f:id:eo64air:20201129140130j:plain

後半開始。今季最後の円陣。

f:id:eo64air:20201129140641j:plain

林舞輝監督は、サイドライン上、いつもの場所に。

この姿を見るのも今日で最後です。

f:id:eo64air:20201129145433j:plain

試合終了後のあいさつ。

3−0で快勝。気持ちの良い試合でした。

こんな勝ち方、去年あったっけ?

 

そうそう、都並選手のイエローは大受けでした。

(得点後のパフォーマンスでユニフォームを脱いで、カード)

f:id:eo64air:20201129151326j:plain

中村謙吾選手の引退のあいさつ。

まだできる、まだできるけど、次の場所でも頑張ってください。

いつか奈良クラブに戻ってきてください。

サイン会へ

f:id:eo64air:20201130180035j:plain

退団が決まった、遊馬選手。

去年のカードにサインをもらいました。ずっと応援します!

f:id:eo64air:20201130175847j:plain

林監督がふらっと出てきたので、即席のサイン会&撮影会。

(遠方から知り合いが来ていたようです)

 

「今日も拓海がわけわからんオフサイドをとられて…」と

いつもの拓海いじり。このままレビューが始まりそうな感じでした。

 

最後にご挨拶できてよかったです。

シーズン最後に

f:id:eo64air:20201129161402j:plain

サイン会も終了。奈良クラブの今シーズンが終了しました。

無事に、健康に、シーズン全試合を終えました。

 

今年の奈良クラブは、「今日のお客さんの笑顔」がすべてだと思います。

スタジアムでサッカーを見るのは楽しい、勝てばもっと楽しい。

シーズン最終戦、足を運んだ方は、再確認したのではないでしょうか。

 

監督も選手も替わりますが、奈良クラブはこれからも続いていきます。

来季は落ち着いて、チーム成績だけに集中できますように。