奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

2019年からの見始めたサポーターの日記です

島田拓海・上田智輝がJリーガーに&主力流出のお話(014)

二人とも、限られたチャンスをつかんで次への挑戦権を得ました。

おめでとうございます。Jリーグでも活躍するんだよ!

 

2月の段階で、この二人が「今年レギュラーをつかむ」と

想像してた人はどれくらい居ただろう。

(奈良クラブ)

島田拓海選手 ヴァンラーレ八戸へ完全移籍のお知らせ  

 

(ヴァンラーレ八戸FC)

完全移籍加入のお知らせ | ヴァンラーレ八戸FCオフィシャルサイト

得意不得意がはっきりしてる選手なので

まずは絶対的なエースになって、いいオファーを待ってからJ3へ移籍、

と思ってました。考えてたより1年早かった。

(奈良クラブ)

上田智輝選手 大宮アルディージャへ完全移籍のお知らせ

 

(大宮アルディージャ)

上田智輝 選手 奈良クラブより完全移籍 | 大宮アルディージャ公式サイト

24歳でちゃんと守れてパントがあれだけ蹴れれば、

誰が見ても魅力的でしょう。

 

上田選手、大卒でのルーキーイヤーは3試合、2019年は1試合しか出てない。

2020年の今季、レギュラーに定着してオフにJ2へ移籍するとは

全く想像してませんでした。

 

ジョアンの指導とカイジの怪我、数少ないチャンスをモノにしました。

※ゴールキーパーの場合、誰か怪我をしないとチャンスが回ってきません。

※運が強いのも大事です。

f:id:eo64air:20201229200022j:plain

最終戦終了後のサイン会でもらいました。

カードは2019年のやつです(背番号が違う)。

 雑感

元々が、Jクラブからオファーを受けるかどうかという実力。

若くて、試合に出て、結果を残せば認められる。

いいことですね。夢があって。

 

Jリーグに個人昇格の話題と違い、こっちの退団のニュースは引っかかる。

菅野哲也選手 ヴィアティン三重へ完全移籍のお知らせ 

早坂翔選手 ヴィアティン三重へ完全移籍のお知らせ

鈴木一朗選手 栃木シティへ完全移籍のお知らせ

 

ヴィアティン三重には、田宮碧人を含め3人移籍。

あっちは、J3昇格に最も近いチームです。

三人とも、Jリーグへの昇格を本気で目指してるのが伝わります。

 

奈良クラブの低迷(ヴィアティン三重の充実)、監督交代、それにクラブの経営不振。

気になるのが三つ目。

 

もしかして、レギュラークラスにも「お金ないから給料下げるわ」って

ダウン提示してないよね?

元Jリーガーを引っ張ってきた/元が高いならともかく、

今年の活躍でダウン提示ならそりゃ逃げていきます。

 

菅野哲也は、チームの中でも替えが効かない存在。

出て行くのは相応の理由があると思います。

菅野は残ってくれると思っていたけど、うーむ。

 坂本修佑選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ

こちらも、残って欲しかった人。

 

相手はプロのアスリートです。 

 

出場機会、年俸。重視するのは、まずこの二つ。

2020年のレンタル移籍期間も、起用法が終盤のジョーカーに限られてたし

年俸でFC大阪と競り勝てるとは???

 

なにより、J3昇格への可能性が高いのは、三重でありFC大阪であり松江です。

今季頑張れば、来年はJリーグでレギュラーになれる。

 

期限付き移籍終了→沼津に戻る→沼津と契約終了→FC大阪へ移籍。

 

奈良クラブ側からみると、確かに感じが悪いのですが、 

奈良クラブが嫌いで移籍を断ったわけではないでしょう。

 

良く思わない人は多いでしょうが、

隣県のライバルチームより魅力をつけないと。

まとめ

待遇がよくない中で、良い選手に来てもらうには

監督の情熱、クラブのブランド力の両方が必要です。

 

監督を前面に出すようなクラブ運営はしないと聞いてます。

そうなると、ブランド力アップ。

今から初めると、時間がかかりそうです。