奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

2019年からの見始めたサポーターの日記です

JFLの日程が決まったので2021年の観戦計画(019)

2月いっぱいで、大阪府の緊急事態宣言が解除されました。

これで他府県への移動も解禁に(移動自体が推奨されてない)。 

 

3月14日からは、いよいよJFLのシーズンが始まります。

オフももうすぐ終わりだ。

f:id:eo64air:20210302181306p:plain

↑奈良クラブニュースリリースより拝借

第23回日本フットボールリーグ試合日程発表のお知らせ | 奈良クラブ | NARA CLUB Official Site

 

2021年は橿原開催が多いのが特徴(6試合開催)。

鴻ノ池より30分くらい近いので、多少楽になります。

 

今季は全試合パスがあるので何試合行ってもいいのですが、

10試合前後になる予定です。いつ(大阪に)緊急事態宣言がでるかも分からないし。 

アウェー遠征

開幕戦(滋賀、東近江)→パス

大阪のアウェー戦→両方頑張る(J GREEN堺、花園第二)

最終戦(仙台) 展開とコロナの状況によっては遠征するかも

新ユニフォーム

すごく格好いい。鹿もデザインに入れれるんだ。

チームカラーは、青>赤の順なんですね。

 

ユニフォーム購入は今年もパス。

理由は「ゴールドアンバサダーで予算を使い果たした」から。

 

※アンバサダー年会費+ユニフォーム+チケット代相当額(500円×10)が、

ゴールドアンバサダーの年会費ほぼ同じ

 

サポーターの貢献って、

お金、時間、興味関心のどれかを使うことだと思う。

 

僕は、結構な時間を奈良クラブに使ってます(奈良は遠い)。

お金は、チケット代・交通費>飲食費>その他、という順で振り分けてます。

関心はそれなり。

 

「80%頑張る」は継続できるけど、「120%頑張る」は、せいぜい数年。

今年でサポーター人生を総決算するなら別にいいけど、

奈良クラブは15年計画で応援してます。2034年まで。

 

別件で、組織の中で大小いろんな仕事を引き受けすぎて

燃え尽きた(燃え尽きそうになった)話を聞きました。 

 

やる気を見せようとして仕事を抱えたんだろうけど、

自分はいなくても組織は回る。あくまで脇の話だ。

「目的が達成できるか」が先で、手段は何でもいい。よっぽど暇でない限り。

 

サラリーマンでも学生でも主婦でも、使えるリソースが限られてるんだから

目標(Jリーグ昇格?)までのペース配分には気をつけないと。

 

奈良クラブはいつかJリーグに昇格しますし、

Jリーグで活躍する奈良クラブに惹かれて、

サッカーが好きになる人がたくさんでてきます。

 

スタジアムへ行けば、楽しいことがある。

知らない人とも、サッカーをきっかけに親しくなれる。

そうして奈良にサッカーが根付き、スポーツを好きな人が増える。

こうして奈良が楽しくなる。

そんな明るい未来の中に自分もいたい。

 

道のりが長ければ長いほど、最初のゴール地点を確認すること。

気がつけば、あれもこれもになっていきますので。