奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

2019年からの見始めたサポーターの日記です

プロフィールをまとめました(2021年4月現在)(027)

 

f:id:eo64air:20210403125721j:plain

(2021.4.7作成)

基本情報

名前:ちびかん
(ちびすけブログの管理人の意味)
 
大阪出身、南大阪(阪和線沿線)在住。妻・子あり。
 
家族はスポーツに興味がない&スタジアムが遠いので、まだ実現せず。
(奈良・橿原とも自宅から片道2時間半)
 
サッカーのプレー経験なし(学校の体育くらい)。
サッカー観戦は、奈良クラブ観戦前は年に数試合程度。
戦術(エコノメソッドに限らず全般的に)は勉強中です。
 
※名前について
たくさんの人が使ってる名前では、一人に特定できない(検索できない)ので
Googleの検索結果を見ながら考えました。造語です。
(21年4月現在、検索数は70件。使用している個人は2名のみ)
 

奈良クラブとの関わり

19年
 5月くらいから応援を始める。日付のないチケット購入
 JFL6試合(0勝2敗4分)、天皇杯1試合(1敗)
20年
 ホーム&舞輝レビュー皆勤(試合数が少なかったので)
  JFL6試合(3勝2敗1分)、天皇杯1試合(1敗)
21年
 ゴールドアンバサダー
 10試合前後観戦する予定 
  
 

奈良との関わり

地縁はないです。何度か観光に行ったくらい 。
奈良クラブ初観戦(20.3.31橿原)も、たまたまです。
 

おすすめ記事

 
敏腕経営者がサッカー界に革命を起こす!という触れ込みが
不祥事が発覚して雲隠れ。それに続く経営危機、チームの低迷、コロナ下での制約。
最初の2年は意味分かんない。
 
 
GM→監督→現・浦和レッズ分析担当コーチの林舞輝さん。
サッカーの奥深さを教えてくれました。「毎回来る」ことの重要性も。
 
「今年の最終回」は、林監督曰く「監督生活のベストゲーム」
なごやかな最終回でした。
この時点で、お別れが近いのはお互いに分かってました。
 
 
 
サポーター向け説明会レポート。めちゃくちゃアクセスがありました。

だんまりすると嘘・大げさ・紛らわしい情報が飛び交う。よくない。

 
 
就任直後の濱田社長に面談をお願いしました。
ちょっと癖はありますが、度量の広い方です。
 

観客数水増し発覚から1年、失ったものと得たもの(012) - 奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

 

一応の総括記事。

1年経って、応援してくれる人が増えてきたと思います。

マイナスをゼロにする作業、お疲れ様でした(クラブ内のみなさん)。

 

 
(2020年の試合レビュー)
 
 
戦術も試合内容もよく分からないので、内容はいいかげんです。 
 
 
(2021年の試合レビュー) 
 
 
 

参考:サイト移転前の記事

以前は、別ブログの一コンテンツとして記事を書いていました。
移転前のはこちらをどうぞ。
時期的に、明るい話題の方が少ないです。

 

連絡方法

連絡はTwitterのDMでどうぞ。フォロー外の人でも送れます。

どうしてもメールで、という方はこちらへ。

チェックしてるのは週1くらいです。

 

suica@chibisuke.net