奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

大阪在住、奈良クラブサポーターの観戦メモ。2019年から応援しています

奈良クラブのJリーグ元年がスタート(など23年1月の話題)(078)

 

○Jリーグ元年の始まり

長かったJFL生活が終わり、今年からはJリーグ生活が始まります。

 

大型投資(練習場の整備)をした直後に

昇格狙いで大型補強すると倒産しかねません。

 

ここ2年は無理をしたし、今年はそれ以上に無理をします。

スポンサーを増やす&単価を上げる&Jリーグの運営に慣れるのを第一に、

「10位」というのが現実的な目標かなあと思います。

 

社長のnote(有料、500円)も参照のこと。

(経営計画なので当たり前ですが)必要額・今年来年の目標額が書いてます。

 

○23年ユニフォーム発表

今年も独創的なデザインに。

ユニフォームに印刷されたのは、サポーター&ファン&地域の人たち。

経営刷新後のユニフォームは、どれもセンスがいい。

うちのペンギンは、右上の脇の下に両手だけ映ってます(本体が見切れてる)。

これが正式な柄?

このデザインそのままでクリアファイルを作るか、

ファンクラブ向けにスマホ壁紙を配って欲しい。

Buffaloes2022シーズンメモリアルトートバッグ | オリックス・バファローズ公式オンラインショップ

 

グッズを作るとしたら、こんな感じ?

オリックスのは、選手名がピンバッジ風になってて、その年の所属選手が全員分かる。シーズンの記念にもなるタイプです。

 

○今年のユニフォームは、誰にする?

ホームゲームではほとんど着ないんですが、アウェー遠征用に購入する予定。

(実質アウェー専用なので、アウェーユニでいい気がする)

 

「全選手のユニフォームがスタンドにそろってる方がいいだろう」

 

という考えで、いつも新加入選手にしてます。

シーズン開始時の知名度・期待度で決まりますから、注文数が少なそうだし。

(16西田、8堀内、14中島あたりが候補)

 

22年なら14森田凛、26平松、29浅川、10宗太朗あたりのユニをよく見ました。

今年は誰が人気あるんだろう。29浅川、19酒井達磨、5鈴木大誠あたり?

(17可児、33寺村はもっと人気が出て欲しい)

 

注文はこちらから。

 

○今季のスケジュール

クラブの広報が死んでる(JFL→Jで、ほぼ全システム入れ替え、おそらく過労死)ので、

ニュースの情報を集約すると…

1月4日 ナラディーアのグラウンドを開放。自主練が可能に

1月16日 合同練習スタート

1月24日-28日 下北山村キャンプ

(3月4日or5日 開幕戦)

今までだと、シーズン始動前は自分でグラウンドを探すところから始めてた。

クラブハウスが完成して、筋トレや昼寝やビデオの視聴ができるようになれば

練習効率もぐっと上がるでしょう。

 

○23年のラジオ番組がスタート

1.13から、コミュニティFMの奈良クラブ応援番組の23年版がスタート。

開幕までは、新入団選手の特集です。

週1人ずつ登場して、15分のトーク。

 

初回は生駒出身、鈴木大成選手。平松の元チームメートです。

話がうまいな、大成。森俊介のツッコミ役になって欲しい。

 

奈良クラブサポーター(新加入選手を知りたい)の方も、

個サポ(推し選手が奈良クラブへ移籍)の方も、ぜひお聞きください。

ネットで聞けます(金曜日の夕方くらいに更新)。

 

○あけましておめでとうございます

去年は盛り上がり、長年の目標を達成できました。

今年も月1〜2ペースで更新する予定です。

 

観戦試合数は少し減りますが、アウェーにも行きます。

今年もよろしくお願いします。

奈良クラブの優勝パレードに行った&オフの話題(077)

1.パレードに行ったよ

(15金子雄祐選手、目線&笑顔をありがとう!)

 

もちいどの商店街をスタートして三条通へ。

あまり人を集めてはいけないらしく、告知もひっそり。

 

クラブ公式SNSを追っかけてるような、熱心なサポーターが集まって

こじんまりと行ったイベントでした。

次のパレード(J2昇格かな)は、ぱーっとやりたい。

奈良駅のモニタでは、マイナンバーカード広告が。

街を歩いてると奈良クラブのことを思い出す。

この調子で、地域に溶け込んで欲しい。

 

さて、2022年もあと1週間。今日が最後の更新です。

気になったニュースをいくつか紹介します。

 

2.契約更新

22.12.24、29浅川隼人が契約更新。

2022年在籍選手との契約交渉がすべて終わりました。

 

退団は7名、残留は18名、新加入は5名(いずれも22.12.25現在)

現在23名。GKが2人しかいないし、あと2〜3名取るかも。

↑Jリーグ公式の移籍情報。クラブ別にまとまって便利

 

14森田凛がJ2徳島に帰った(&J3琉球にレンタル移籍)のは痛いけど

33寺村浩平、31アルナウ、18森俊介は残留。

主力の大半を引き留めることができました。

 

Honda FCとFCマルヤス岡崎から引き抜くなんて

まるでJリーグクラブみたい。優勝から1ヶ月で、すでに違う世界です。

 

3.来季開幕カードが決定

↑松本山雅のニュースリリース

 

22年3月3日/4日にホームで開幕。

「Jリーグクラブらしい」クラブが相手。

奈良クラブが松本山雅と戦うのを見れば、Jリーグに昇格した実感がわいてきそう。

 

ゴール裏に関しては、アウェー松本山雅サイドが何倍も多い状態だと思います。

声出しをする人は負けないように頑張ってください。

 

4.ベストゲーム3試合

3位:9/17 アウェー・FCマルヤス岡崎戦(△2−2)

FCマルヤス岡崎 vs 奈良クラブ – 奈良クラブ | NARA CLUB Official Site

 

この試合は、1点リードで80分過ぎてたのに

FWが抜け出してすぐにシュートを打って、相手にカウンターをされた。

 

後半戦開始〜あたりは、チーム全体が勝ち慣れてなくて

相手が引いたときの攻め方や、リードした試合の締め方が全然だった。

 

この試合で勝ち点を落としたのは痛いけど

シーズン終盤戦の戦い方を考える上で、いいきっかけになったと思う。

ラスト3試合、勝負強かったし。

 

3位:5/22 天皇杯Honda FC戦(×0-1)

奈良クラブ vs Honda FC – 奈良クラブ | NARA CLUB Official Site

https://www.jfa.jp/match/emperorscup_2022/schedule_result/pdf/m12.pdf

 

Honda FCの猛攻を耐えて、引いて守って90分を0−0、延長戦へ。

延長戦も30分凌いだけど、後半ATで相手エース・岡崎に決められました。

 

天皇杯のPKには嫌な記憶しかない…という人は多いでしょうし、

120分で点を取れなかった方が悪い。

 

スコアは0−1だけど、シュート本数は4本vs22本

絵に描いたような「ボコボコにやられた」試合です。

 

(控え組中心の)奈良クラブvs(カップ戦命の)Honda FC。

JFL同士、3月に対戦したばかりの対戦。

この時点で色々とおかしい気がする。

 

1位:9/30 ホーム・FC大阪戦再試合(○5−0)

奈良クラブ vs FC大阪 – 奈良クラブ | NARA CLUB Official Site

 

試合が成立するまで色々ありました…

・観客動員を頑張ってた時期。橿原で3000人突破、最多動員!

・ハーフタイムで雷鳴→試合中止

・平日に再試合が決定&観客数もノーカウントに(観客数リセットが痛かった)

・結果は5−0大勝(中止になった試合では、0−0で試合が膠着してた)

 

これだけで十分意味がありましたし、

シーズン最終戦で「5−0」のスコアが効いて、得失点差で優勝となりました。

(FC大阪とは勝ち点差なし、得失点差が10点差←この日の分)

 

5.数字で見る2022年シーズン

面白いデータを見つけたので、そっちも合わせて。

出典は↓のサイトです。

JFL(Bリーグ)との対戦。12勝4分0敗。

下位から勝ち点を拾うのは大事。

JFL(Aリーグ)との対戦。

4勝7分3敗。勝ててないチームが3チーム。来季はずっとこんな感じか?

最多カードは都並優太(12枚)で予想通り、

レッドは開幕戦の小谷の1枚のみ(前半ATでレッド、1点差を逃げ切った)。

 

開幕戦の一発レッド。そういえば、今年のことでした。

その「レッド」を誘発したのは、長島グローリーのスルーパスでした。

 

6.最後に

長らく「Jリーグ昇格」を目標に戦ってきました。

J3昇格が現実味を帯びたあたりから、奈良クラブをとりまく環境が変わって

戸惑った方も多いと思います。

(ホームスタジアム・ホームタウンが取り合いになったのはびっくりした)。

 

Jリーグ初年度も、楽しいことも楽しくないことも色々あるでしょう。

いい一年にしましょう。

JFL最後の試合。引き分けで優勝決定(076)

試合の感想

ボールを持てるようになった、取られなくなった。
去年のソニー仙台なら「ハイプレスでカウンターをかけたら楽勝」と
定型処理されて(押し込まれて)たのが、
警戒しされ、ハイプレスをかけられなくなった。
 
奈良クラブの実力が認められた証拠です。
(実際、プレスをかけられた時も、ボールを取られなかった)

 

都並がクリアボールを拾い、クロス。
嫁阪からの折り返しを浅川が押し込み、シュート。
 
嫁阪翔太、シーズン終盤にして、重要なピースがはまりました
右ウイングは奈良クラブの弱点ですし、
もし来季も在籍してくれるなら、出番はたくさん回ってくるでしょう。
 

JFL最後のシーズン

8シーズンのJFL、ラストイヤーを優勝で終わりました
あまり実力差がないリーグ。
上位5〜6チームは順位がどう入れ替わってもいいし、
奈良クラブより強いチームはいくつもありました。
 
昇格できたのは(監督、フロントの)実力だと思いますが、
優勝に関しては、運の要素が大きかったと思います。
 
 
今季、ボコボコにやられたのは
天皇杯のHonda FC戦、後半のヴェルスパ大分戦。
スキルが高く、フィジカルも強く、高い位置でも中盤でもボールを奪えて、シュートまで持ち込める強い強いチームでした。
 
どちらの壁も越えないまま昇格してしまいましたが、
特定チームとの対戦成績で決める話でもないし、
天皇杯かどこかで決着をつければいいでしょう。
(Honda FCには、どこかで勝ちたかった)
 

気になったツイート

先に紹介だけ。コメントは別の場所でやります。
スタジアムの話は…オフにまとめて説明する予定。本当に大丈夫なの?

 

来季のノルマは「1ケタ順位」

J3は全18チーム。J2への昇格枠は「2」
JFLからの昇格組は、J3参入からすぐに結果を出しています。
 
22年 1位 いわきFC (→来年からJ2)
21年 9位 テゲバジャーロ宮崎
20年 5位 FC今治
19年 10位 ヴァンラーレ八戸
(J3への参入年→今季の順位)
 
JFLで結果を残したチームは、すぐ上のカテゴリでも通用しています。
 
奈良クラブも、初年度からJ2昇格を狙った方がいい。
同じ競技で、やること自体は大きく変わらないんだし
「自分のスタイル」を固めていけば、期待した結果が出ると思います。
 

「昇格」の次は?

2023年シーズン、奈良クラブはJ3を戦います。
1年前「いつか叶えばいいな」と思っていた夢が、急に実現しました。
 
みなさんの次の夢は何ですか?
 
J3で好成績を上げて、J2へ、そしてJ1へ昇格することでしょうか。
天皇杯をかけ、国立で横浜Fマリノスと戦うことでしょうか。
サッカーをきっかけに、人の輪が広がっていくことでしょうか。
 
「Jリーグ昇格」は、もはや通過点です。
「Jリーグ昇格」以上に魅力的な夢が、いつか必要となります。
 
何年か先、こんな会話をするのが、僕の夢です。
 
「さっきゴールを決めたの、奈良クラブの選手だよ。」
「奈良クラブ?そんなチームあったっけ」
「ほら、ドバイの年にJリーグへ昇格して、そこから…」
 

最後に

2022年シーズン、お疲れ様でした。
来年も楽しいシーズンにしましょう。

悲願のJ3昇格はホームで決めた(075)

ゴールの瞬間は突然やってきた。

浅川のインターセプトから宗太朗ミドル。決勝点だ。

ゴールを決めた山本宗太朗選手。(二番目に走ってます)

加藤徹也が一人で泣いてた。

あの加藤徹也が。

 

そうか、奈良クラブは昇格したんだ。来年からJリーグだ。

アルナウ、ええやつやなあ。いつも愛想いいし。

(画質がひどくてすいません。動画からの切り出しです)

 

大卒でJFLの地方クラブに入団して5シーズン目。

26歳だけどチーム最古参です。

運営も選手も総入れ替えの中、奈良に残ってプレーを続けるのは

相当の覚悟があったと思う。

 

残ってくれてありがとう。一緒にJリーグへ行こう。

もう一人の生え抜き最古参、山本宗太朗。

ヒーローインタビューなのにカメラが一台も来なくて

ドッキリタイムになってました。

 

決勝ゴールを決めても、

隣に立ってた人が先頭でパフォーマンスをしてて、ついていくだけだった。

全然ヒーローっぽくなかった。それも宗太朗らしい。

 

上のリーグで、才能が開花するのを楽しみにしてます。

スタンドは、コロナ以前の集客イベント時と似た感じでした。

試合結果だけ、昇格だけが焦点になってたので、

試合を見たい方が多かったんでしょう。

(14202人のときは、すべてがしんどかった)

(試合の感想)

・前半耐えて、飲水の度に修正かけて、凌いで勝つ。奈良クラブらしい戦い

・向こうが普通のシュートを打ってれば、3-1で負けてた。

・後半40分にあのパスカットを狙う浅川が異常

・森田凛は復帰したが、動きが制限されてたみたい。前線に上がる動きがない。

・アンカー可児の完成度が高い。ボールの回収優先で、ゲームメイクもいけてる。

(21年の金子雄祐時代を思い出した)

相手が強かったとはいえ、反省会が長そうな内容です。

 

いまは優勝争いの方が大事(勝ち点差なしで3チーム並んだ)なので

昇格の話はシーズン終了後に。

残り2試合は勝てる相手。優勝しましょう。

みんなで昇格を見届けて、みんなで喜べた。

昇格まで時間はかかりましたが、一緒に奈良クラブを応援できた時間は僕の宝物です。

 

来年も、ロートフィールド奈良でお会いしましょう。

 

以下はおまけです。

大卒で奈良クラブに入団し、先に個人昇格した二人。

拓海とは来年J3で会える。上田とはいつかJ2・J1で。

遊馬はいいやつや。

コーチかクラブスタッフで戻ってきてほしい。

矢部さんのことは別の機会に(こっちも長くなる)。

1万4202人。観客数基準をクリアして昇格に王手(2022年第26節:鈴鹿ポイントゲッターズ戦)(22.10.23)(074)

見てください、この風景。

前半終了前のスタンドの様子。クラブに関わる皆さんが、ずっと夢見てたものです。

(メインスタンドは満席です:早い段階で入場を締め切ってた)

 

クラブ創設者(矢部次郎さん)に感想を聞きたかったけど、

この日は忙しそうだったので、また落ち着いた時期に。

 

大きな仕事(成績基準クリア=昇格、J3参戦の準備)が次に控えてるので、

これからも忙しいでしょ。ガンバレ!

試合終了後の選手挨拶。

ホーム・バック・ゴール裏にあいさつに回ってました。

 

見た限り、選手はいつもくらいのプレーが出来てました。

前半、攻めあぐねてたのは、緊張じゃない別の理由です。

(前半戦、鈴鹿の5バック対策として、何をしたかったの?)

三浦知良選手。大スターの風格。

 

おそらく、怪我が治ってないせいで、ほとんど動けてない。

現状だと戦力としては厳しいかな。

 

…こう書くとカズファンに怒られるだとうけど、

ワントップに三宅海斗が入るのと、ヴィニシウス、カズが入るのと。

どれが一番怖いか。

 

お客さんも運営も、この規模の興行を経験したことがない。

そもそも「1万人を中に入れる」こと自体、初めてだ。

 

見た範囲では、ヴェルスパ大分戦(5261人:今回の1/3)より

良くなってました。大きな事故さえなければ、及第点だと思う。

(現地観戦の人は、言いたいことはいっぱいあると思う)

 

経験したことや改善策は、アンケート(ファンクラブ向け?)に書いて

クラブに伝えました。ファンクラブ以外の方は、問い合わせフォームからどうぞ。

(ファン・サポーターからの要望は、社長もスタッフも見てますよ)

早ければ次節(クリアソン新宿戦、アウェー)で、

おそらく次々節(ヴィアティン三重戦)・その次(FC神楽しまね戦)のロートF奈良で

昇格が決まります。

 

Road to J from NARA

 

奈良から初のJリーグクラブ誕生まであと少し。

一気に決めましょう。

 

JFLには、少々長居しすぎました。

あと少しでJリーグです。

はじめての奈良クラブ(スタジアム案内編):何時から並ぶ?見やすい席は?持ち物は?/3年連続全試合観戦のサポーターが教えます(073)

鈴鹿戦ポイントゲッターズ戦(22.10.23)直前の入門記事です。
前編→

(1)ここだけ読んで

1-1出発の目安:「近鉄奈良駅を12時発」

(所要時間)
近鉄奈良→徒歩20分→スタジアム→チケット購入待ち(10分)→入場待ち(20分)


入場時はやることが多い(検温・消毒、チケット確認、チラシの受け渡し)ので
いつも手間取ります。特に今回は来場者が多い(1万人以上の予想:過去最高の倍)ので
けっこうな時間待つのを覚悟で。

明日の鈴鹿戦は、観客数1万人の予想。
過去最高(5261人、22.9.24)の倍です。
この試合でも、試合開始20分前から、入場列が消えることがありませんでした。

クラブ側も人員を増強してるそうですが、
できるだけ早めに出発・到着するのがいいでしょう。

 

1−2見やすい席は?

奈良クラブの試合は、全席自由席。

どこに座っても同じ値段。なら、いい場所で見たいですよね。

サッカーで「良い席」は、「値段高い席」です。

他のスタジアムの「高そうな席」のある場所を覚えておいて
入場後まっすぐそのエリアへ。

 

いい席は常連サポーターがすぐに抑えます。いい席はお早めに。


↑シティライトスタジアムの座席表 ※岡山のJ2クラブ

席種と価格 | チケット | ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA

 

値段は、FAGIシート>SS>S>メイン南・メインA>バックA・ビジター>ゴール裏

 

ロートフィールド奈良と同じような規格です。
(国体で作った、陸上トラックのある2万人くらい収容のスタジアム)

 

SS→屋根あり、とても見やすい

S、メイン南→見やすい

※FAGIシートの場所は、鴻ノ池では「関係者席(=座れない)」

S、Aは「ゴールライン」で線引きしてます。

 

 

1−3再入場制度を使おう

物販で並んでる間に入場列がどんどん長くなって、入場にすごい時間が…

 

が当日起こります。

飲食、イベントは後にしまて、先に席を確保。

チケットがあれば外に出れます。再入場っていいます。

 

1-4トイレはもっと大変

メインスタンド 男女とも2箇所ずつ

バックスタンド 出入口すぐ、相撲場横に多目的トイレ
第2武道場横 スタジアム正面から右手側へ(入場口の反対側)←使ったことがない


むっちゃ並びます。特にハーフタイム。
前半終了の10分前にトイレ、後半が始まって10分後にトイレなど
「試合の一部を見ない・見れない」を覚悟してね。


特にバックスタンド側(多目的トイレ)。
住宅街の公園にあるトイレと同じ規模です。
(男性だと、小便器3+大2くらい:あくまで私の記憶)


試合自体は90分、鴻ノ池の滞在は3時間前後だと思うので
できるかぎり「トイレを使わない」のがいいんでしょう。


1-5ダメじゃん

ごめんなさい。
「プロサッカーチームが使えるスタジアム」、奈良にはまだないんです。
奈良クラブ同様、施設も発展途上です。

こないだまで1試合に7~800人だったのが、今日は1万人来てるんです。
すべての施設すべての要素で、処理能力を超えてます。スタッフの能力も。


スタジアムの改修/新設の話も少しずつ進んでます。
落ち着いた(昇格が決まった)頃に紹介します。

 

 

(2)各シートの解説

2-1メインスタンド:イスに座れる

イス席(メインスタンド)が先に埋まります。

バックスタンド・ゴール裏はイスじゃない席(芝生の上にシートを敷いて座る)。

 

先着4000名がイス、残り6000人が芝生席。


試合開始○分前から「バックスタンドに回って下さい」とアナウンスがされ
向こう側のスタンドへ歩くことに…雑な説明ですが、こんな感じ。

 

メインスタンド(の見やすい場所)に確実に座りたいなら
1時間前(12時)までに着くように。

 

※メインスタンドは公称5600人収容だけど、
キチキチまで詰めないので、実数はたぶん4000くらい。


2-2バックスタンド:芝生席はレジャーシート持参で

この記事を読む大半の人は、芝生席でしょう。
気持ちいいですよ。この時期。
13時試合開始なので、お弁当を食べながらだと。

 

混雑状況は「満開の時期のお花見」くらい。
ギリギリに着いてもどこかに座れるだろうけど、
早めに場所とりした方がいい…これで伝わるかな。

 

欠点は、傾斜がないこと
前に誰か通ると見づらい、目線の位置が低いので、フィールド全体は見にくい。


2-3ゴール裏:応援する場所だけど

Jリーグ(の通常時)だと、

90分間立ちっぱなしでずっとチャント(応援曲)を歌って

声をからして応援してるエリアです。

 

奈良クラブにも応援するグループはいますが、
この日に関しては、普通のお客さんの方がずっと多い。
ずっと立ちっぱなしで応援しないと…な雰囲気になるのかな。

 

2-4どっちが奈良クラブの応援エリア?

普段の試合(観客数1000人)なら

アウェーサポーター(グッズを身に付けてる・応援をしてる人)は

50~100人くらい。ほとんどが奈良クラブのファンです。

 

鈴鹿側のゴール裏では控えめに、

他のエリアでは思いっきり、奈良クラブの応援をしてください!

 

 

(3)持ち物パーフェクトガイド

3-1レジャーシート

芝生席なら必須。イス席(メインスタンド)に行くつもりでも、一応持っていこう。
シートなしで座れる場所(コンクリートの上とか)の多少ありますが、すぐに埋まります。
レジャーシートは最寄りの百均で、ダメなら、どこかで新聞を購入しましょう。


3-2ゴミ袋(コンビニのレジ袋とか)

ゴミ回収は一箇所(メインスタンドの入口正面)。

一度外にでないと、捨てる場所がない。

 

ラーメンの容器を足下に置いたまま観戦…

結構気になります。ゴミ袋は重要。

 

3-3風を通さない上着

3時間くらい野外にいて、そのうち2時間弱は動きません
野外の行楽よりは、雨風を意識した服装に。

 

3-4席取り用の目印(かさばるもの)

帽子、マフラー、タオル、本、雑誌…など、「私の席」とはっきり分かるものを。
カバンを置くのは、盗難が怖いのでやめよう

 

3-5雨傘・日傘 ※たぶん要らない

「客席では使えない」ので、そのつもりで

カサを差すと、後ろの人が見えなくなります。

(どうしても使うなら最後列だけど、最後列にはたぶん座れない)


曇り予想なので、傘も日傘も要らない可能性が高い。

 

(4)近鉄奈良駅からのアクセス

4-1コンビニ

髙天交差点~スタジアム間、コンビニは1軒のみ。
(ローソン奈良法蓮町東店)。
全部売り切れてる気がするので、近鉄奈良駅近辺で済ませるのが安全。

 

構内のファミリーマートか、
5番出口から出て、セブンイレブンに寄るか。

道路をまっすぐ進み、スタジアムを右手に見ながら進むと
ローソン奈良ドリームランド前店(名前が…)があります。

 

4-2休憩するなら

基本的に、ない。以下のポイントで小休止ができます。

4合目 ローソンの駐車場
7合目 鴻ノ池(ため池)前のバス停ベンチ

それか、飲食店にはいるか。

4-3飲食店

来来亭(道中)、ココス(ローソンのそば)も。
週末だけど、どちらも渋滞中なので、空いてるかも知れない。

 

公園の敷地内(徒歩2分)にスターバックスが。
あと、「法蓮仲町交差点」近くに数件あります。
(きたまち豆腐田楽OU812…は有名店です)


4−4JR奈良駅から行く場合?

近鉄奈良まで歩いた方がいい。
鴻ノ池付近の渋滞の影響で、バス・タクシーとも動かない

 

(所要時間)

JR奈良→10分→近鉄奈良→20分→ロートフィールド奈良

 

 

(5)待ち時間用コンテンツ

5-1読み物

 

(以下はうちの記事です)

www.naraclub.net

 

5-2Twitter

奈良クラブ (@naraclub_info) / Twitter

試合1時間前にメンバー発表、試合速報も

 

濵田満 (今年こそ奈良からJリーグへ!) (@hamada_naraclub) / Twitter

奈良クラブの社長

大知昌幸 (@m_oochi) / Twitter

大知さん。スポンサー企業の社長。ハーフタイム・試合終了後に戦術解説あり

外野のガヤおじさん⚽🦌 (@GoforitNaraclub) / Twitter

スポンサー企業の社長。アウェー遠征にも行ってる方

 

38 (@heliosSL) / Twitter

戦術に詳しい方

JFLNews (@jflnews) / Twitter

JFLは情報が少ないので、この辺で勉強します

 

@suica_chibisuke/naraclub / Twitter

自分が使ってる情報源(普段は公開してない)


5-3おわりに

今回も長い記事でした。お疲れ様でした!

では、週末のロートフィールド奈良でお会いしましょう。

 

ちびかん (@suica_chibisuke) / Twitter

 

(前編)

www.naraclub.net

はじめての奈良クラブ(注目選手・戦術・鈴鹿戦展望):3年連続全試合観戦のサポーターが教えます(072)

1.はじめに

鈴鹿戦ポイントゲッターズ戦(22.10.23)直前の入門記事です。
 
2022年秋のロートフィールド奈良は、初観戦の方ばかり。
というのも、お客さんの数が、春先の10倍以上になってます。
9割の「あんまり知らない人」向けに
「サッカーそのもの」のガイドを書きました。
 
全試合を現地観戦してるわけじゃありませんが(タイトルは釣りです)
年に6〜7回くらいホームゲームを見に行って
中継を見れる分は全部観てます(年30試合+α、過去3シーズン)
 
自称、そこそこ詳しいサポーターです。
去年書いたプロフィール→

 

2.奈良クラブの注目選手 

攻撃のキーマン(浅川、森俊介)、守備のキーマン(伊勢、アルナウ)を二人ずつ+α。
 

2−1.浅川隼人(#29) 得点王へまっしぐら

FW(CF)、日本代表だと古橋亨梧、大迫勇也のポジション
J3熊本から移籍、27歳
 
現在、JFL得点王。
点を取る動き、敵をつり出す動きのどちらも上手い、
シュートもパスも上手くて何でもできる。サッカーIQが高い。
 
J3のチームでレギュラー格だったのを
「奈良クラブを昇格させて、奈良にサッカーを根付かせたい」と
JFL(4部相当)に移籍した、男気のある選手です。
(J3での成績:19年13点、20年11点、21年4点)
 
プレーを見る度に
「JFLでプレーしてはいけない選手」
「プレイヤーとして、もっと上を目指して欲しい」だと思う。
 
今年昇格して、一緒にJ3でプレーするのが
浅川にとっても奈良クラブにとっても最高のシナリオです。
 

2−2.森俊介(#18) サイド攻撃の核

FW(左WH)、日本代表だと三笘薫のポジション
J2新潟から移籍(2シーズン目)、28歳
 
左サイドでSBと一対一に→ドリブルで抜く→CFへラストパス
 
求められる役割はシンプル。「抜いてパスを出せ」です。
日本代表の三苫と、タスクがだいたい一緒。
 
奈良クラブは、キーパーからショートパスを繋いで
左前線の森俊介へ。そこから中にボールを運んでシュート…というのが
主な攻撃パターンです。
 

2−3.伊勢渉(#4) 敵のエースキラー

DF(2CBの右側)、日本代表だと富安健洋のポジション
J3八戸から移籍、26歳
 
185cm、85kg。GK以外の選手では、一番でかい&ごつい。
 
相手のエースストライカーとマッチアップすることが多い。
相手の大型FWとやりあう姿は迫力満点。
鈴鹿ポイントゲッターズだと、39ヴィニシウス選手(184cm、82kg)かな。
 
パワー系のCBに珍しく、スピードがあるので
スペースを作る系、オフサイド破り系のFWにも対応出来ますし
相手のロングカウンターにも追いついてピンチを逃れる(前のスペースを埋める)
のもできます。
 

2−4.アルナウ・リエラ・ロドリゲス(#31) スケールの大きい守護神

GK、日本代表だとシュミット・ダニエルか権田修一のポジション
CPサンクリストバル(スペイン3部)から移籍、24歳
 
190cm、85kg。体がでかいし、ボールへの反応もいい。
この二つは、JFLではトップクラス。
枠内へのシュートにもビッグセーブを連発します。
 
あと、フィード(ロングボールを蹴ること)が距離が出て、コントロールもいい。
キーパーからのロングパスがハーフラインを超えて、一気にチャンスに。
 
アルナウ加入で、ロングフィード攻撃ができるようになり、
ショートパス以外の選択肢がふえました。
風上で相手がハイプレスのときはロングフィードが効きます。
 
こういうの、じゃんけんのグーチョキパーみたいに、
手札がないと勝てない・カモられる相手があります。
苦手戦術が一つ消えるのは、大きい。
 

2−5.森田凛(#14) 天才ゲームメーカー

ボランチ(CBとMFの中間)、日本代表だと柴崎岳のポジション
J2徳島から移籍(レンタル:2シーズン目)、20歳
 
軽い故障で欠場中。出れるか分からないけど、チームの大黒柱です。
うちの監督は無理はさせない方針。
(故障したらちゃんと休ませて、別の選手を使います)
 
ピッチの中盤でボールをもらい、前線にキラーパスを通す。
「縦パス」が通ったら、森田凛か寺村浩平のどっちかなので
試合を見れば一目で分かります。
 
また、ボールを取られた後の最初のプレスが厳しく
 
取られた→取り返した→チャンス継続
 
というのを見れます。
(「ゲーゲンプレス」というらしい:「さよなら私のクラマー」情報)
 

2−6.他の選手は?

さっき紹介した選手+3〜4人くらい、J3でレギュラーになれそうな選手がいて
他は3部でベンチ入り〜スタメンゲットの間くらい。
 
全選手誉めると誉めた意味がない(誰も印象に残らない)ので
適当に間引きました。個人的には、片山滋永と金子優希が好きです。
 
気になる選手とか好きなポジションがあれば、
コメント欄かTwitter経由で教えてください。どっかで説明します。
 
 

3.戦術&クラブ&リーグ

3−1.ポジショナルプレー

「エコノメソッド」という戦術(指導法)です。
普通に生活してるとみない戦術だろうし、検索しても情報が出てきません。
J2新潟のネット記事か岡田武史さんの著書を見てください。
やること・やらないことがはっきりしてます。
 
○正しい立ち位置をとる いわゆる「ポジショナルプレー」
○状況の認知と判断を正確に行う 技術習得より「動き方」を優先
○ボールを持って、攻撃時間を増やす/守備の時間を減らす
○「崩し方」を組織的に習得
○ショートパスで、GKからFWまで繋ぐ
○CB→SB→WHと繋いで、横から攻める
 

3−2.エコノメソッドで強くなった

それほど強くなかった(8位→14位→13位→10位→今年)上に
お金がない(少し前、経営破綻の可能性があった)ので、知恵を絞って強化してます。
 
「誰が見てもすごい選手」は取れないので
「見えない能力(認知・判断・実行)」に優れた選手を集めてます。
 
「高速カウンター」は基本やらないですし、GKもDFも、あまり蹴らない。
ボールを取る→縦パス→高速カウンター、
CB→FWに縦パス→頑張ってキープしてラストパス、
 
みたいな「知ってるサッカー」とはかなり違います。
 
J1の浦和レッズと同じ戦術ですが、選手のレベル(特に前線の崩し方)が違うので
事実上、別ものになってます。
 

3−3.JFLって何?

日本サッカー界で4部相当のリーグです。
もうちょっと頑張れば、J3(3部)に昇格できます。
 
J1→J2→J3→JFL(ココ)。
 
Honda F.C.が超強くて、奈良クラブは二番手集団。
FCマルヤス岡崎、ヴェルスパ大分、FC大阪、ラインメール青森、東京武蔵野FC、
この辺が二番手集団かな。どこも強かった。来年やりたくない。
 

3−4.4部なんてレベルが低い

JFLを「4部だけどレベルが高い」という話を
JFLのクラブのファンからたまに聞きますが、8割引くらいで聞いてます。
 
奈良クラブの試合でも、J3級・J2級のプレーは毎試合見れますし、
反対にどうしようもないプレーもたまに見ます。
(CKでマークを間違える、キーパーがほぼ素人とかそういうの)
 
いいところに注目すれば「レベルが高い」
凡ミス・うっかりプレーに注目すれば「やっぱり4部」
同じもののどこを見るか、です。
 
J2よりはレベルが落ちるし、大学の強豪と同じくらいだと感じます。
 

3−5.見所は多い

僕は普段J 1を見てますが、JFLの奈良クラブの試合を見て
「来るんじゃなかった」「時間の無駄だ」ってのはあまりないです。
見所は絶対にありますし、ハイキングがてらロートFに来れば気持ちいいです。
 
「生でサッカーを見る」というのは楽しいです。
中継に映らない部分も見えますし、
監督の指示、拍手、審判に文句を言ってイエローをもらう姿も
よく見えます(カードをもらうのはやめて)。
 
生でサッカー観戦が出来る、それも生活圏内で。
一度スタジアムに足を運べば、ありがたさが分かると思います。
 
「プロのスポーツクラブがある町」
 
ほとんどありませんよ。
ちゃんと育てないと、どこかへ逃げていくし。
 

4.鈴鹿ポイントゲッターズ戦の展望

4−1.前半戦は勝利

後半戦はどうなる?の前に、前半戦の話を。
22.7.2のアウェーでは、4-0で奈良クラブが勝利しました。
 
奈良新聞試合サマリー
 
クラブ公式(監督のコメントに注目)
 
 
・奈良クラブの方が、フィジカルがだいぶ強い
・監督も「場面によっては強くいけ」と指示をだす
・この試合は、強めにコンタクトをしてて、かつファールを取られなかった
 
という理由で、一方的な内容になりました。
 
ただし、あっちのクラブが混乱してた時期(今季のJ3昇格ができなくなった直後)です。
点差(4−0)ほどの差はなかったと思います。
 

4−2.カズの出場は?

三浦知良選手の説明は入らないでしょう。
元日本代表のエース、J2横浜FCから期限付き移籍中です。
 
カズは、今季13試合の出場(全試合の半分くらい)。
現在は途中出場が中心です(5月に故障した影響です)。
 
直近5試合では
89分→76分→87分→88分→81分
 
に登場。ラスト10分くらいです。
そろそろ先発復帰?というニュースもあるので、当日まで分かりません。
 

4−3.試合の展望

奈良クラブの試合しか見てないので、
最近の鈴鹿ポイントゲッターズのことはよく分かりません。
(展望する意味がないですね、すいません)
 
選手が緊張するとか審判がおかしいとか都並が前半にレッドカードをもらうとか
よほど変なことがなければ、勝てるでしょう。
 
 

5.おまけ

5−1.スタジアムで応援したい

(最初に、お約束です)声を出しての応援はNGです。
チャント(局面ごと、選手ごとのテーマソングみたいなの)も
今はやってません。手拍子かハリセンです。
 
気になったらファン、スタジアムに来たらサポーターです。
点が入れば拍手する、それだけで十分。
 
本格的に応援するなら「背番号入りユニフォーム+タオル(※両方)」です。
 
マフラー、ユニフォームタイプの青いシャツ(当日発売予定)のどちらかがあれば
十分です。最初に頑張るのもいいですが、
次もその次も応援に来てもらえる方が嬉しいです。
 

5−2.間違いだらけの記事を書きやがって

コメント欄かTwitterで、間違ってる場所を教えてください。
 
この記事を書くだけで、僕の限界を超えてます。
指摘していただけるのは嬉しいのですが、
あんまり怒られると今後記事を書かなくなるので、
ぜひ、ご自身の媒体で「自分なりの選手紹介・戦術紹介」記事を書いてください。
 

5−3.最後に

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当日、ロートフィールド奈良でお会いしましょう。
お天気になりますように!

 

続編→

www.naraclub.net