奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

2019年からの見始めたサポーターの日記です

"小谷の一発レッド"の分析&開幕戦のふりかえり(2022年第1節:A)MIOびわこ滋賀)(060)

 

今年も開幕しました。

優勝を狙うシーズン。初戦にふさわしい、ドラマチックな展開でした。

(よく勝てたな、こんな展開で)

小谷一発レッドの解説

※動画を見直す場合、ページを再読み込みしてください。

※(スマートフォン・PCとも)

※ページのおなじ場所に戻り、再生位置もリセットされます

 

MIOびわこ滋賀 FW長島グローリーのパスがすごい。

CB伊勢を背負った状態で、抜け出す選手の足下にドンピシャ。

 

レッドのシーンを何度も見直すうち、

「グローリーがすごかったから仕方ない」と思えてきた。

すごいな。実力で開幕スタメンを勝ち取ったんだ。グローリー。

 

小谷は、カード覚悟で止めにいったんだと思います。

無理して止めに行く場面ですし、ボールには行ってます。

レッドにはなりましたが、終わったことなので仕方がない。

 

「決定的な得点の機会の阻止」は

聞いたことがない人の方が多いでしょうから、動画を一本紹介します。

(ジャッジ・リプレイを毎週見てる人はどれくらいいるんだろう)

”DOGSOの四要件”=レッドカードになる条件

(全部で10分くらい)

もう少し分かりやすいシーン(熊本vs山形)。

忙しい人はこっちだけ見てね(2分くらい)。

※一本目の中でも登場します

ジャッジ・リプレイを見た後で、

もう一度最初のシーンをご覧ください。

追いつかない・止められない位置からの戦術的なファール。

カードが妥当、6:4かそれ以上でレッドカードだと思います。

 

・小谷はボールには行ってる(ラフプレーではない)、

・審判の立ち位置があまり良くない(選手3人越しに後ろから見てる)、

 

気になる要素もありますが、

ファール・イエローで済ませたらそっちの方が問題でしょう。

 

チーム初得点は金子昌広

森俊介のクロス&金子昌広の飛び込むタイミングがいいと思ってたら

森田凛のインターセプト→可児のパス→森俊介のボールキープ、どれもいい。

 

去年の後半から、ギリギリを狙ったスルーパスが通るように。

良い場所に立って、連動してるんでしょう。

(この試合、前半の森田凛がすごい)

ゆりかごダンス

輪の中心に森俊介がいるのは、2月にお子さんが生まれたから。

どうしてもゆりかごダンスをしないといけない、

しかし相手ベンチの前なので、ここでパフォーマンスすると挑発行為だ。

 

自チームベンチまで移動しないと。

主審に注目。時計を止めますのジェスチャー対応。

少し前には、敵FWグローリーが「まってやれ」のジェスチャーも(いい人だ)。

主審に対し、都並優太・可児から詫びが入るが「早く始めろ」のジェスチャー。

 

この時間帯までは楽勝ムードでした。

後半はほとんど覚えてません。

まとめ

長いシーズンが始まりました。

前半戦はプレーの解説をまじめにする予定です。

お付き合いください。

当たってたけど、今年は誰も予想をしてなかった!