奈良クラブを見守る新米サポーターの日記

2019年からの見始めたサポーターの日記です

奈良クラブがファンクラブ制度を大改革:ソシオ、アンバサダー、ゴールドアンバサダー(017)

 奈良クラブサポーター内で話題の、新しいファンクラブシステム。

便宜上「ファンクラブ」とします。

(おなじ「特典一覧表」に載ってる時点で、ファンクラブとアンバサダーは有料の会員組織。別概念じゃなくて、アンバサダーはファンクラブの一部だ)

 

1.まずは公式情報から

 

質疑応答は34分から (動画全体で48分)

784press.navvita.under.jp

リスナーからのお便りは4分くらいから(ラジオ全体で14分)

※担当の東雲さんが登場

 

2.Youtubeでの説明会、ラジオ番組の要約

気になった情報を紹介します(手元でまとめました)

 

1.今季のチケット

チケット代は、大人1200円(子ども・シニア500円)の予定

→割引適用後、大人700円(子ども・シニアは無料)に

 

2.新型コロナウイルスへの対応

そもそも試合開催ができない、できても無観客になる可能性がある

チケットは前売りのみ発売の予定 

ホームゲームが開催できなくても満足できるよう、企画をしている

 

3.アンバサダー限定/ゴールドアンバサダー限定イベント

内容・回数は調整中

イベントによって、参加費が有料の場合もある 

ゴールドアンバサダー限定イベントとしては、社長とのオンラインミーティングなどを企画

レポーツは公式サイト・SNSでも随時行う予定

 

4.だれでも参加できるイベント

ちゃんと準備します

 

5.グッズ割引(ゴールドアンバサダー限定、20%OFF)

あくまで会場販売限定

オンラインショップで購入+会場受取でも対象外となる予定

 

6.新ユニフォーム

デザイン・価格とも近日発表予定

新ユニフォーム(番号入り、オンラインショップで受注生産?)

→開幕戦で着たいですよね

→ゴールドアンバサダー割引が適用できるよう、何とかします

 

 

 3.感想

(1)有料入場者を獲得する路線に

ファンクラブ、アンバサダーとも、招待券がつきません。

700円ですが、毎回お金を払って入場するシステムです。

 

2020年は、無料入場者でも前売券を申し込む制度でした。

「もらった券を呈示するだけ」よりはハードルが高かったのですが、

それよりもう一段階、ハードルが上がります。

 

販促や新規開拓をやった人なら分かると思いますが、

無料で来てもらうのと、来た人から100円をもらうの、全然違います。

(「無料」の力は絶大)

 

 招待券があるから来てた人(ソシオ会員を含む)が

一気に離れるかもしれない…という心配はありますが、

「お金を払った観客」に切り替えるチャレンジです。

 

(2)昨年までの制度はゼロリセット

お金を使いすぎてたらしいので、前社長時代と比べてはいけない。

ユニフォームと全試合パス付で3万円だったし

「コスパ考えりゃこっちだろ感」がありました。

 

「ソシオ」という名称もあまり好きでなかったので (あっちは経営権だ)

違う名前に戻してもらって、ありがたいです。

 

 

 (3)上級会員はお布施

松茸梅、3つの価格帯があれば、一番上の会員は

コストパフォーマンスとは別の世界にいます。

何かと比較して迷った末に「じゃあゴールドアンバサダーで」と決めるものではない。

 

ちなみに、一般のファンクラブへの加入目的は

「チケット先行販売」>「チケット割引・招待券」>「おまけ」です。

 

 

(4)一番安い会員は損得勘定

「元が取れるか」シビアに判断される種別。

いくら払って、どんな特典がもらえるのかが大事です。

 

 3000円払って、500円割引券×試合数分をもらえる種別って

魅力があるんだろうか。

 

クラブとしては「廉価版を新設した」という位置づけなんだろうけど

「年5試合で回収」って、かなりハードルが高いぞ。

 

 

(5) 「アンバサダー」言いにくい

生活圏内で「アンバサダー」といえば

職場のコーヒーサーバーを管理する人の肩書き。

 

 ネスカフェ アンバサダー募集 | 【公式】 ネスレ通販オンラインショップ

 

 それに、サッカー界のアンバサダーって、引退した大物OBがつけるもので

クラブがお金を払ってお願いするものでは。↓みたいなの。

 

西澤 明訓氏「セレッソ大阪アンバサダー」に就任 | セレッソ大阪オフィシャルウェブサイト | Cerezo OSAKA

  

4.要望

(1)限定イベントには「アップグレード券を販売」をセットで

 

アンバサダー限定、ゴールドアンバサダー限定イベントが

どんなのか分からないので、値段だけみて何となく決める人が多いと思います。

(「去年は6000円のソシオだったから今年はアンバサダー」みたいな)

 

ダウングレードした人に返金する必要はないけど、

途中でどうしてもゴールドアンバサダー限定イベントに参加したくなった時に

差額を支払えばアップグレードする権利というのは欲しい。

 

「2万4000円払ってでも絶対参加したいイベント」

 

ぱっと思いつきませんが、毎試合、選手2名がサイン会をやってくれて

全試合通うと全選手のサインがあつまるとか

監督に全員が1回ずつ質問できるオンラインミーティングとかそんなのです。

 

 

(2)「初回は誰でも参加可能」システム

 

限定イベントにすると、参加候補者の分母が少なくなるので

どうしても参加者が少なくなります。

新企画で反応が分からない場合など、制限なしで募集をかけないともったいないです。

 

 

(3)「顔パス」システムの導入

 

ゴールドアンバサダーの本人のみが入場する場合、

パスの番号を控えてチケットを渡せば、誰が入場したか分かります。

 

オンラインショップから事前申込しなくても、

当日ふらっとスタジアムへ来れるのはプライスレスな価値。

 

 

(4)福袋で選手を指定する権利

 

シーズンオフにやってる、使用済ユニフォームの福袋。

先行販売&選手指定ができれば、絶対にウケます。

希望が被ったらもちろん抽選ですが、これだけで3万円の価値があると思う。

 

 

5.他のサポーターの方の感想

ブログ・SNSで情報発信をする人は、クラブにコミットしている人が多いので

「迷わずゴールドアンバサダー」という人がほとんどだと思います。

note.com

 

narashibachikaemon.hatenablog.jp

 

「理念が素晴らしい」「クラブと一緒の方を向いて」というのは

僕も同じ感想です。ただ、誰かが書いたのと同じことを書いても仕方ないので

今回のような記事にしています。

 

 

6.僕の選んだのは

ゴールドアンバサダーです。選んだ理由はこのへん。

 

・屋根付きの席がゴールド限定エリアになった

ゴールドアンバサダー座席図

特に橿原の指定区画が最高。ほとんど関係者席だ

 

・監督・選手・練習見学絡みの限定イベントが開催される(はず)

・奈良クラブのイベント企画が突飛なので、一番とがったイベントを体験できる

(社長とのオンラインミーティングって、普通は設定しないと思う)

 

特典で1万円、寄付が2万円という見積もりです。

今年は半分くらいしか試合に行けないし。